信用のおける自費出版業者

現在、100%安全な会社など存在しないのが現実ですが、その様な中でも最低限「知名度」「活動経歴」「出版履歴」の要素を満たしている自費出版社を選ぶようにするべきです。

サイトトップ > 1冊300円から出来る「まぐまぐ」の自費出版

スポンサードリンク

信用のおける自費出版業者

1冊300円から出来る「まぐまぐ」の自費出版


無料メルマガサービスで知られている「まぐまぐ」ですが、実は自費出版サービスも行なっているのです。「まぐまぐ自費出版」のキーワードで訪れる事が出来る公式サイトは、情報の検索がしやすく、料金体制に関してもオープンとなっています。


例えば、「クイック見積もり」を使い、大まかな料金を知る事が出来ますし、併せて料金表も用意されています。そして興味深い事実も一つ発見できます。それは、自費出版の「ピープレス」と料金プランが全く同じ事です。ですから両社を比較する際は、サービス面で自分の要求を満たす業者を選択する事になります。


「まぐまぐ」の主なサービスには、書店への流通を手助けする「書店流通オプション(有料)」や、携帯サイトで自分の本を販売できる「電子出版オプション(有料)」、そして「まぐまぐ」の特徴の一つである「ポケット出版」があります。


ポケット出版は、「自分が発行してきた数々のメールマガジンを1冊の本にしたい」という要望に応えたメニューで、最低10冊からの発注が可能となっています。これも立派な自費出版です。本の発注は、最低10冊から可能で、冊数による1冊あたりの単価が同じなのが特徴です。出版料金については、モノクロ印刷本だと1冊300円(カラーは700円)で発行可能です(※送料は500円必要)。


信用のおける自費出版業者

MENU



スポンサードリンク